スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線・・・?

2006年10月27日 23:30


今日、ダイアナと電話で色々と話してました。
その中の一場面・・・・

D: Kanaeは何をクリエイトしたいの?
K: う~ん、もっとヒーリングの質を上げたい・・・
D: そんなの上がっていくに決まっている! 
   自分自身のあり方が、その質に反映されるのだから!
   そうではなくて何をクリエイトしたいの?
K: えっと、んと・・・んと・・・・  -.-; アレ・・・・??

[境界線・・・?]の続きを読む
スポンサーサイト

チャコジャーニー

2006年10月26日 23:31


先日、真砂秀朗さんのコンサート について、アジアンビート さんが取材に来てくれました。

真砂さんのことを、私なんかより、ものすご~く理解していて、
共同主催のリーダーでもある T さんにサポートに入っていただき、
緊張してシドロモドロになりながら、無事に取材終了^^ 

しばらくだまっていた T さんが、「ねぇ、ちょっとこれかけてみて」
と渡してくれたCDは、真砂さんの Chaco Journey チャコジャーニー
(クリックすると試聴できます ↑)
「ここに(リラ)入った時から、これだなって思ったんだよね・・・・」
・・・と Tさん

確かに、真砂さんのCDの中では、おそらくこれが一番リラの波長と合う。

目を閉じて耳を傾けていると、
大地のにおい、
頬をかすめながら流れる風、
満天の星たちがしゃべりかけてくる・・・・

知らないはずなのに知っている感覚
自分の中の太古の記憶とつながっていく感じ
どっかで感じたことのある感覚、
どこだったかな、いつだったかな・・・・・

あぁ~~~、 ダイアナだぁ~(笑)
真砂さんもダイアナも、奥底で繋がる・・・・
それは、地球という惑星に、とうとうと流れる太古のエネルギー

※ 取材の様子は、11月10日ころに、アジアンビート さんの
「音楽」のページに掲載していただく予定です^^

息抜き

2006年10月25日 23:32


16日に行ってきたのですが・・・・
なんだかんだと忙しく、気づいたらもう10日も過ぎてる ^^;
突然、ここのコスモス園に行きたくなって、
昔一緒に行った仲間に声をかけて行ってきました。


(2006.10.16)

昔・・・・ホントに ものすご~く昔に行ったんです^^
気づいたら14年も前の話になってる (いや~たまげた!)


(1992.10.25)

全員そろったわけではないけど、
仲のいい悪友たちと一緒に、かなりの時を経て
また同じ土地を訪れるって、ちょっと感慨深いものがある。

こんな風に「悪友」は、「かけがえのない友」という呼び名に
変わっていくんだなぁ~
なーんて、一人でレトロスペクティブになってました^^

たまには息抜きもいいものですね♪

変容プロセス

2006年10月19日 02:08

同じ師のもとで学んでいる先輩の にじ さんが『変容プロセス』について、
師の言葉を見事に紹介してくれていたので、
「そぉ~だよぉ~ッ」と、一人でうなってしまいました。

・・・・という訳で にじ さんのブログから一部引用させていただきました^^;

------------------------ 引用ここから ----------------------
変容プロセスってどんなですか?と師に質問をしてみたら、
大雑把過ぎたようで、え~っと(^_^;) といいながら答えてくれた。
変容とは
今までより高い秩序のもとで世界を見ることができるようになること。

そのためにはまずこんがらがっていた人生のいろいろが分離され、
明確にされることが必要。
(ライフスクールの枠組みではこのあたりまでがオープンクラス)

その後あらためて、明確化されたいろいろが溶鉱炉に入れられ変容の炎に熱せられる。
(この辺からLTに入るあたりとのこと)

[変容プロセス]の続きを読む

鳥カゴ

2006年10月14日 00:50


鳥カゴから出たくてしょうがない小鳥がいる
カゴをつついてみたり、体当たりしてみたりしてもがいてみる
羽は傷つき、体力も限界・・・・
一生、カゴの中で過ごすしかないのかと絶望する

そのうちカゴの中で一生過ごすことを受け入れ、
それも悪くないのかもしれないと思いなおす

カゴの中の生活を素直に心から楽しいと思えた瞬間
カゴは消え去っていることがある

カゴが消え去り、自由に飛び回る・・・・
しばらくすると、実はもっと大きなカゴがあることに気づく

また、カゴの外に出たくて、もがいてみる
そして絶望する
そして現実を受け入れる
カゴが消えている・・・・

そしてまた別のカゴに気づく・・・

そんなことを繰り返していると
小鳥は鳥であると同時に、空気であり、カゴでもあり、
そして全てであり、そしてやはり鳥でもある・・・・

と、知る瞬間がある

そしてまた鳥として生きていく
鳥であることを味わい、楽しみながら・・・・

何の名前でしょう

2006年10月03日 08:39


シュテフーラー
ウエルナー
アルバテグニウス
ワルター
マウロリクス
ヒギヌス谷
カッシニ
Wボンド
アリストテレス

・・・・さてさて何の名前でしょう
これでピンきたら、あなたは相当のマニアかも?!

これらは月のクレーターにつけられた名前
それぞれにおもしろい形をしたクレーターです。

今月は7日が満月、その1日前の6日が今年の中秋の名月

『中秋の名月』と聞くだけで、心がワサワサするのは私だけでしょうか?

月はよく無意識の領域と結びつけられますね
太古から人々が強く惹かれた 中秋の名月 につられて
私の中の無意識の領域が、なんだか大きくうごめいています。

・・・・シャスタ以来ずっとそんな感じが繰り返されてます^^;
シャスタで誓ったことに照準が合わせられ
見えない領域で何かが大きく動いている感じです。

今月の満月は自分のために、一人でゆっくりと過ごすことにしました。





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。