スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜びと悲しみ

2006年08月15日 21:30


嬉しい時は、自分の心の奥を覗き込んでみて下さい。

気づくと思います。

かっては悲しみの原因だったものが、

今は喜びの原因になっていることを。

悲しくて仕方のない時、

心の奥を覗き込んでみて下さい。

気づくと思います。

かっては喜びの原因であったことのために、

今、泣いていることを。

『預言者』 カリール・ジブラン 著



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://roseuponthecross.blog123.fc2.com/tb.php/186-90e3b121
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。