スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戻りました~♪

2009年07月08日 10:27

ただいまです ^^/
7/4にボルネオより戻りました。

楽しく、また収穫の多いリトリートだったなぁ~と思います。

外的、内的に色々と、どんぴしゃな感じで・・・・・

とりあえず、外的な部分を少しずつ掲載してみようかなと思います。

6/18 福岡→羽田→成田→コタキナバル 

6/12頃から微妙に体調が悪く、熱も時々でていて、
飛行機の中でも、ちょっと微熱? ヤバイ、インフルエンザかも・・・?

コタキナバルの検疫の所にはサーモチェック(体温の状態がモニターにでるヤツ)
もあって、マズイ、引っかかるかも・・・・

と内心ドキドキしながら、モニターの前を通る。

何事もなく、手に消毒液を吹きかけられ無事通過。

とりあえず5000円ほど現地通貨にしてからタクシーに乗り込み1泊目の宿へ

20時ごろ宿の前に着くと、タクシーの運転手さんが、
私たちの泊まる宿はお勧めしない、他にも宿はたくさんあるから考えろと示唆する。

「そんなこと言われたら、不安になるじゃないのぉ~」

宿の入り口は、このビルの裏だよ と教えられ、
おじさんの名刺と電話番号を聞いて、とりあえずは予定の宿へ向かう。

・・・・が、宿の入り口が分かりませ~んッ ><

裏ってどこよーッ?

繁華街のようなところを通り抜け、向こう側の路地に入ると 暗い~ッ><

キョロキョロしながら不安そうにしてる私たちに
Ikkoもどきなオネエが声をかけてくれ、宿の名前を言うと

「こっちよ、いらっしゃい」

と、リフレクソロジーのお店みたいな所のドアを開けて入れと言っている・・・

え~ッ、もしかして入ったら、マッサージされてお金取られるかもぉ~~!?

・・・・そんなこと心配しても始まらない!
とりあえず、オネエの言うとおりに入ってみると

そのまま、店の中を通り抜け裏口へ案内された。

裏口のドアから外にでると、かなぁ~り薄暗い駐車場が広がっている、
その向こう側に泊まる予定の宿の名前も見える!

いや~ん、オネエ、疑ってごめんなさ~い&ありがとう~♪

お礼を伝え、スタスタと宿の入り口へ向かう
・・・・が、ヤバイかも?
入り口の階段 汚いし臭いし・・・・・

それにどこが入り口なんだ?

頭の中は???いっぱい。

翌日別の宿を探す可能性も胸に階段をひたすら上っていく、
どの階も鉄格子のようなものがドアの前にあって、しっかりと鍵がかかっている。

鉄格子ごしに見えるドアにはそれぞれ宿名らしきものがあって、
どうも各階ごとに別の宿になっているらしい・・・・

一番上の階まできてやっと我々の宿らしい名前を見つけひと安心

ブザーを鳴らすと、鉄格子の向こう側のドアが開き、
意外にも、かわいらしい中国系のお姉さんが顔をだし、

「Kanae?」
と聞いてくれた。

OKじゃ~ん!

一通り説明を受け、部屋へ案内されると
決して新品でピカピカのキレイではないが、掃除がしっかりと行き届き
清潔で、床にはチリひとつ落ちていない

うー、いいかもぉ~~
うれしいかもぉ~~

宿の近場のレストランで夕食を済ませ
さっさと戻って就寝準備。
(後から気づいたが、この時の食べたのは典型的マレー料理、ナシ・ゴレンでした)

後のことは明日考えよう

と、熱っぽくダルイ私は速攻で寝る準備をして就寝


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://roseuponthecross.blog123.fc2.com/tb.php/33-67a79405
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。