スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テノム農業公園

2009年07月12日 21:05


7/1
コタキナバルからバスで3時間
テノムの町に向かった。

もともとラフレシアが見れなかった時のために
予備に融通がきく形であけていた日。

テノム農業公園への行き方など、
日本からではあまり情報がなかったので、
とりあえずテノムの町に行ってから考えよう・・・・・

ってな訳で、町に着いたはいいが、かなり田舎
英語通じない度も高い・・・
中国系が多いなぁという印象

小さな町なのであっという間に1周できる
一通り見て回ってから、とりあえず耐えれそうな宿を探した。
これはホットシャワーは出ませんなぁ(笑)

泊まる所を確保したら、町をグルグル・・・・
っと言っても、ホントに時間つぶしにもならないくらい小さい

新しい町に来たら、その町のスーパーを物色するのは楽しい♪

農業公園への行き方を数箇所で尋ねるが、
人によって答えが少し違う・・・・・
「農業公園」と聞いても????の人もいるし
おまけに英語が通じてんだか通じてないんだか・・・・

とりあえず、あの辺に立っていれば何とかなるだろう・・・・
くらいの確信は得たので、後は次の日になって考えることに(笑)



7/2
朝8時にチェックアウトし、昨日メボシをつけた所へ。

時刻表なんてもちろんない、何の表示もない。
しかし、確かに地元の人が屋根つきの所で座って待っている。

ミニバスなので行き先なんてものも書いてない
なんとか、「農業公園」に行くであろうミニバスに乗り込んだ
運転手のおじぃさんは英語が通じないのよね~
大丈夫かな~ ^^;

走り始めたらすぐにそばのスーパーで止まった、
誰かが乗ってくるのかと思ったら、
乗客のおばちゃんが一人降りていった。

ミニバスもずっとそこに止まっている・・・・・
さっきのおばちゃんがスーパーで
買い物をして戻ってきて、やっと出発。

また少し走ったら、すぐ止まった。
同じおばちゃんが降りていって何やら買い物をしている。
そしておばちゃんが戻ってきたらまた出発。

町の人にとっては、最高に便利な乗り物なんだろなぁ~

「こりゃぁ、当分たどり着かないね~」
と妹と顔を見合わせて笑った。

なーんて思っていたが、予想外に早く農業公園にたどり着き、
ミニバスの運転手のおじいさんに3時に向かえに
来てくれるようにお願いする。

って言っても、英語通じないので身振り手振りで・・・・
果たして伝わったのだろうか・・・・?

伝わってなかったら、またそんとき考えることにして、早速入場。

我々姉妹二人の貸切状態でトラムに乗り込んで簡易ツアー


不思議な実のつけ方と大振りの花が目を引くキャノンボール


実はものすご~く硬い
動物も人間も食べれないらしい・・・
(こんなにガラ生りなのにもったいないなぁ)

お花はとってもきれいです


原種の蘭ガーデンへ


5年に一度しか花を咲かせないらしい蘭
(あと2,3週間で開花だとガイドさんが言っていた)


木なんだけど、これも蘭らしい


蘭の原種ガーデンに勝手に生えてきているらしいイモ類の一種
(このサイクルを1~2週間で1周するらしい・・・・)

     
                      
                    

                      

  

クラスの中でボルネオをエネルギーの特徴として、
「容赦ない再生・生命力」
って挙げられていた意味を目の前で見せられた感じ。


珍しい木


忘れな草の一種(FESの忘れな草とは随分違うような・・・)


こういうの見ると、熱帯だぁ~ッ っと思います(笑)


午前中は雨もパラつき曇ってたけど、午後は暑いなんてもんじゃなかった・・・


なんだかんだと楽しんでいるうちに、時計を見るともうすぐ14:30

もしかしたら、ミニバスの運転手のおじいさんが来てくれるかもしれないし、
来てくれそうになかったら、
別の方法で帰る手段をアレンジしなきゃいけないし、
16:00テノム発のコタキナバル行きを逃すわけにはいかないし・・・・

だだっ広いし、気は焦るし暑くてモウロウとして、園内で迷いながらも
(3Km四方以上ありますから・・・・・)
エントランスにたどり着いたちょうどその時

な、なんか見覚えのあるミニバスがやってきた・・・・
うわぁ~ッ、やっぱりあのおじいちゃん!

汗だくになりながら、手を振ると、
おじいちゃんも笑顔で手を振っているではないですかッ!

通じてたんだぁ~♪

帰りも不思議な寄り道をしながら
無事にテノムの町に到着。
おじいちゃんの写真とりたかったわぁ~
(もう、フィルム使い果たして撮れなかったけど)
ちょっと、モーガン・フリーマンみたいな顔だった(笑)

コタキナバルへの帰路、バスの中から
キレイに半円を描いたぶっとい虹が
2本、2重になって出ていた。

ボルネオの神様に、「またおいで」って
言ってもらっているような気がして
心の奥がホックリなりました^^


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://roseuponthecross.blog123.fc2.com/tb.php/52-0e108a30
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。