スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳を重ねるって羨ましい

2009年12月15日 17:19


ふと、歳を重ねていない自分にもどかしさを感じる時がある。
伝えたいことがたくさんあっても、
自分にとって十分な歳と経験を経ていないと感じるから。

歳を重ねていくことを心待ちにするって
ちょっと変な感覚かもしれないけど、
昔の日本や、今でも近代化に犯されていない
地域には残っているものだという。

そしてそんな地域には痴呆や足腰の弱るお年寄りはいなくて、
皆、肉体を去るほんの数日前までピンピンして元気だと。

別に長生きをしたいとかそういうことではなくて、
そこに見えてくる人間の味とか深さ、
知識が智慧になっていくその姿をみると
単純に羨ましい・・・・と、私は思ってしまうのだ。

それはきっと師匠である由衣さん(まだ若いけど)や、
由衣さんから話に聞く、由衣さんの師匠やその周辺の人の
60歳を越えてなお益々元気にその智慧を人々のために
伝え活動している人たちの話を聞くからだろう。

また、私自身が実際に会い、学んだ人たち、
スピリチュアル・ヒーリングタッチの基本を教えてもらったマリア
ライフパーパスアストロジーを教えてもらっているマーニー
92歳になってもキラキラ輝いている祖父の弟のおじちゃん

みんなひとつの道を究めた先にある智慧が、
その人の存在そのものになっている。
そしてなおその道を究め続けるからこそ輝いている。

メディアで見かける人たちにしてもそうだ。

なにも歩く道は、何か特別なことである必要はないのだと思う
何よりも「人間である」ことを究め続けた人の存在は
それそのものが、後ろを歩く人間にとっては「宝」なのだと思う。

だから、歳を重ねることは羨ましいことに思えてくる。

そして決して一朝一夕には手に入らないもの。

自分の中のもどかしさを情熱に変換して、
日々をできるだけ精一杯生きること以外何もできないけど・・・・・


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://roseuponthecross.blog123.fc2.com/tb.php/79-90ae96c7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。