スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代のロマン

2005年06月29日 00:00

skyfromsmoky

ルーヴル美術館所蔵「古代エジプト展」を見てきました。

内側にも外側にも美しい彫刻を施されているジェドホルの石棺などはため息モノでした。

展示品は石灰岩よりも花崗岩のものが多く、なんとなく私のエジプトのイメージとは違う面を発見した気分でした。

それにしても、古代のものに出会う時というのは、いつも魂の遠い記憶にアクセスできそうな、まるで自分もその時代にいたことがあるような気がして、気の遠くなるような時間の流れとロマンを感じるのは、私だけではないですよね^^

美しい宝飾品たちには金、銀や宝石が巧みに使われ、とても3千年も4千年も前のものとは思えないものもありました。多くの装飾品は護符、お守りの意味合いが強かったようで、当時の人々は現代人よりも敏感に、鉱物たちのエネルギーを感じとり、親しんでいたのかもしれないなぁ~と、想いは過去へと飛んでおりました。

写真:
このところお気に入りのスモーキークウォーツ(下)
スモーキーちゃんから覗いた空(上)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://roseuponthecross.blog123.fc2.com/tb.php/92-945dbec2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。